三方よし
 近江商人の理念を、東近江市の教育に生かす!三方よし『自分よし・相手よし・社会よし』の実践 
 

学校が休校になる場合

学校が台風などで休校になる場合

  • 午前7時に大雨、暴風、大雪等を含む特別警報および暴風を含む警報が発令されている時は臨時休校となります。
    *この場合には、学校等からの連絡はありませんので、テレビなど
     の天気予報で警報の状況をご確認ください。
  • その他の警報(大雨洪水警報、大雪警報など)が発令された場合、授業は行われますが、各地域の気象状況により、学校と教育委員会の協議で臨時休業や始業、終業時刻の変更を行うこともあります。
  • 登校時に周辺の状況(浸水など)により通学時に危険がおよぶと判断された場合は、登校を見合わせて、その旨を学校にご連絡ください。
  • 非常、その他緊迫事態の発生(台風、地震、大雨、洪水、大雪等)または発生のおそれのある時には、児童、生徒の安全の確保をはかるため、登校前に一斉臨時休校の非常措置をとり万全を期す場合があります。
  • 児童生徒の登校後に大雨、暴風、大雪等を含む特別警報および暴風を含む警報が発令された場合は、諸状況により判断して下校時刻の変更を行ったり、集団下校等により安全に配慮して帰宅させたりすることがあります。
  • 大雨、暴風、大雪等を含む特別警報および暴風を含む警報等が発令されていなくとも、いずれ発令が必至と判断される場合にも、臨時休校や始業時刻・終業時刻の変更の措置をとることがあります。ご理解いただきますようお願いいたします。