この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
 

オンライン状況

オンラインユーザー1人
ログインユーザー0人
登録ユーザー8人

カウンタ

COUNTER190324

携帯サイト

このホームページは、携帯電話でも
アクセスすることができます。携帯
電話のバーコードリーダーで読みと
るか、直接、アドレスを打ちこんでく
ださい。http://www2.higashiomi.
ed.jp/kenkyu/
 
研究所より
12345
2019/04/15new

能登川あおぞら幼児園入園式

Tweet ThisSend to Facebook | by 研究員
 4月5日(金)東近江市内の各園で入園式が行われました。能登川第一幼稚園を増改築し、幼保連携型認定こども園として『能登川あおぞら幼児園』が4月から開園し、第1回目の入園式が開かれました。この園名は、「青い空の下、子どもたちが楽しく元気に遊びながら、大きく成長してほしい」という願いと、「能登川という名称を継承したい」という理由から、公募により選定されました。
 木のぬくもりのある造りの園舎には、たくさんの絵本が並べられた絵本室があり、外には思いきり遊べる広々とした園庭があります。
 園舎1階の遊戯室で行われた入園式では、担任の先生の呼名に、新入園児が「はい!」と元気に返事をしていました。今井 弘美 園長が新入園児に向けて宝箱を見せると、園児たちは興味津々の様子。園長が宝箱の中から、大切にしているぬいぐるみの「るんるんくーちゃん」やおもちゃの吹き戻しを紹介し、「くーちゃんやお友だちと一緒に、いっぱい遊ぼうね」と話すと、子どもたちの瞳が輝きました。
 園長より保護者に向けて、「園では子どもたちの『生きる力』や『共生する力』を育てます。子どもたちの『やったー』『うれしい』『悲しい』に保護者と共に寄り添い、職員一同、笑顔いっぱいでがんばります。」と力強い挨拶がありました。
 式の後半には、5才在園児による「あおいそらにえをかこう」の元気な歌や、先生方からの温かい劇のプレゼントがありました。また最後に「チューリップ」と「むすんでひらいて」の曲に合わせて、新入園児たちも楽しそうに手をたたいたり、歌を歌ったりしていました。これから始まる園生活がとても楽しみになる入園式でした。
 ご家庭で大切に育てられた子どもたちが園に温かく迎えられる姿を見て、保護者の皆様には安心して子どもたちを預けることができる園であると感じていただけたことでしょう。44名の職員と共に、在園児・新入園児合わせて237名の子どもたちが、新しい幼児園で元気に、新たな一歩を踏み出しました。
10:23
2019/03/12

学校事務職員研修講座

Tweet ThisSend to Facebook | by 研究員
 3月7日(木)午後、能登川コミュニティセンターにて、学校事務職員研修講座を開催しました。「定時に帰る仕事術」をテーマに、先生の幸せ研究所・WLBC関西 澤田 真由美 氏による講義・演習がありました。タイムマネジメントとは、「ビンに石をうまく収納すること」と同じであり、どうしたらビン(時間)に石(仕事)が入りきるのか、また溢れないのかを、自分なりに工夫することが大切であるとご教示いただきました。具体的な方策をグループ協議や演習を取り入れてじっくりと考える時間をとっていただきました。
 最後に参加者全員が、明日からはじめる1歩目について紙に書いた決意を表明した後、澤田 氏から「人生をどう過ごすかは時間をどう使うかであり、学校でのタイムマネジメントの達人となってほしい」とエールを贈られ、講演を締めくくっていただきました。参加者は日頃の悩みや喜びを共有しながら、笑顔溢れる実り多い研修となりました。
09:59
2019/03/06

学力向上推進事業 第4回 学力向上検討会議

Tweet ThisSend to Facebook | by 研究員
 3月5日(火)湖東コミュニティセンターにて、学力向上推進事業 第4回学力向上検討会議を開催しました。今回は、今年度の事業の成果と課題、来年度の取組について、部会別に協議しました。授業改善推進委員会では、小中の系統性を意識して指導できたことや、授業の型「め・じ・と・ま」を柔軟に変化させ、「め・じ・と・ま・と(友だちと交流)」や「め・じ・と・ま・ふ(振り返り)」とすることで、授業改善につながったこと等が成果として挙げられました。また、来年度に向けて「型から質への授業改善」というテーマをより具体的に設定することや、教科の領域を絞ることで、より充実した授業改善を目指すこと等、取組の方向についても協議しました。
14:07
2019/03/04

調査研究事業 第4回 研究委員会

Tweet ThisSend to Facebook | by 研究員
 2月28日(木)、東近江市役所 東庁舎にて、調査研究事業 第4回 研究委員会を開催しました。今年度の調査研究事業は、新学習指導要領の全面実施に向けて、『小学校外国語における単元の指導計画および「読むこと」「書くこと」を含めた言語活動の工夫』をテーマに研究を進めてきました。
 研究協力校で検証していただいた内容を充実させた「アルファベットタイムセット」を作成し、今回の研究委員会で最終確認を行いました。児童が楽しみながら学習し、また指導者もわかりやすく簡単に指導するための改善点を協議しました。
 研究委員から本研究についての感想をいただいた後、研究アドバイザー 湖東第一小学校 福井 真千子 校長より、今後の市内の外国語教育の充実や、小中の連携の重要性についてご指導いただきました。
 研究の成果は、研究紀要にてお伝えし、成果物「アルファベットタイムセット」は、今年度内に各校に配布、またデスクネッツにて公開予定です。
09:36
2019/02/26

東近江市教育研究奨励事業 研究表彰 授賞式

Tweet ThisSend to Facebook | by 研究員
 2月25日(月)市役所東庁舎にて、教育研究奨励事業 研究表彰 授賞式を開催しました。この事業は、「市内教職員の自発的な教育研究活動の促進を図り、教職員個々の資質を向上させるため、教育現場における学習指導方法の改善ならびに学校園・学年・学級等の経営の充実にかかる意欲的かつ創意あふれる研究の奨励」を目的として実施しています。本年度、応募された教職員は44名で、レポートは個人の部が43本、グループの部が1本、計44本でした。
 これらのレポートを「論旨・論理性」、「実証性・継続性」、「創造性・成果の意義」、「表現・表記」の4観点で審査し、最優秀賞3点、優秀賞8点、奨励賞33点を選出しました。
 授賞式では、東近江市教育委員会 藤田 善久 教育長よりご挨拶をいただいた後、最優秀賞と優秀賞の受賞者に表彰状が手渡されました。五個荘中学校 大道 正樹 校長より受賞者を代表して、受賞の喜びと今後も市の教育発展に向け尽力するという熱い思いを語られました。
 受賞者の皆さん、おめでとうございます。皆さんの今後の益々のご活躍を期待しています。
14:12
12345

所在地

東近江市教育研究所
〒527-8527
滋賀県東近江市八日市緑町10番5号
TEL 0748-24-5570
FAX 0748-24-5571