この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

 

オンライン状況

オンラインユーザー1人
ログインユーザー0人
登録ユーザー8人

カウンタ

COUNTER170790

携帯サイト

このホームページは、携帯電話でも
アクセスすることができます。携帯
電話のバーコードリーダーで読みと
るか、直接、アドレスを打ちこんでく
ださい。http://www2.higashiomi.
ed.jp/kenkyu/
 
研究所より
12345
2018/02/21new

研究表彰授賞式

Tweet ThisSend to Facebook | by:研究員
 2月20日(火)市役所東庁舎にて研究奨励事業 研究表彰授賞式を開催しました。この研究奨励事業は市内教職員の教育研究活動推進を図り、教職員個々の資質を向上させるため、教育現場における個人およびグループでの意欲的かつ創意あふれる学習指導方法の改善や学校園経営の充実等にかかる研究の奨励を目的として実施しています。本年度、応募された教職員は49名を数え、レポートは個人の部が39本、グループの部が2本、計41本でした。
 これらのレポートを論旨・論理性、実証性・継続性、創造性・成果の意義、表現・表記方法の4観点で審査し、最優秀賞5点、優秀賞9点、奨励賞27点を選出しました。
 教育委員会事務局中谷逸朗教育部長より教育長あいさつが代読された後、授与式では愛東中学校奥井雅秀校長が受賞者を代表して、受賞への感謝の念と今後も市の教育発展に向け尽力する決意が語られました。

19:12
2018/02/21new

市小中学校事務職員研修

Tweet ThisSend to Facebook | by:研究員
    2月16日(金)能登川コミュニティーセンターにて、学校事務職員研修講座を開催しました。講師に兵庫教育大学教育政策リーダーコース 教授 日渡円氏をむかえ、「学校教育法改正に伴う事務職員の職務について」をテーマとした話を聴きました。校長のリーダーシップの下、『社会に開かれた教育課程』の適切な運営に子どもにかかわる皆が総出で携わることが求められています。
19:00
2018/02/18

第4回初任者研修

Tweet ThisSend to Facebook | by:研究員
 
 2月15日(木)第4回初任者研修会を開催しました。午前の部では湖東中学校にて中野紗也子教諭による外国語科 単元名「Unit10あこがれのボストンCanを使って会話する活動」の授業を参観しました。本時のめあては「Can~?の文を使って対話ができる」「Canを含んだ本文の内容を理解し、流暢に読むことができる」です。生徒はチャイムと同時に3分間毎時間のルーティーンである単語練習に取り組み、元気に始めの挨拶を交わした後、ウォームアップに入りました。授業をとおして、英語による指示が大半でしたが、生徒たちは一生懸命に聴き取り、確認し合って諸活動に積極的に楽みながら臨んでいました。また、ゆっくりと繰り返したり、他の表現を使ったり、机間巡視による個別・グループ指導を入れたりと、学級全員が指示を理解し活動に参加できているかの確認が、授業者により確実になされていました。研究協議の後、聖徳中学校 中村隆秀校長より中学校英語科と小学校英語の関わりに重点をおいた指導講話がありました。午後の部では湖東コミュニティーセンターにて福井県立大学 准教授 吉弘淳一氏より「子どもの理解とコミュニケーションのとり方」をテーマとした講義と演習がありました。最後に教育研究所 中野正堂所長より、教師生活1年目を終えるにあたり、試行錯誤を繰り返しつつも、数々の困難を乗り越えてきたプロセスへの労いとこれからの長い教師生活への励ましがありました。




20:53
2018/01/12

第5回保育力アップ講座

Tweet ThisSend to Facebook | by:研究員

 1月11日(木)湖東コミュニティーセンターにて第5回保育力アップ講座を幼児課とともに開催しました。冒険プログラムプロデューサー 榎本英樹氏による「冬にできる室内遊び」の講義・演習がありました。楽しい遊びによって子どもたちの感情が動く、笑いや会話、コミュニケーション、共感、教えてあげる子 教えてもらう子といった役割が生まれる。それらが今後子どもたちがさまざまな形で人と交わり社会生活を営んでいく上でのベースとなるといった話がありました。演習では「鉛筆まわし」「じゃんけん足し算」他様々な短時間で手軽に楽しめる手遊び、工作が紹介され、参加者一同子どもの立場で試みました。榎本氏の楽しい語りに終始笑いの絶えない学び多き講座となりました。
  

09:08
2017/12/28

研究発表大会・教育講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by:研究員
 12月26日(火)平成29年度東近江市教育研究所研究発表大会・教育を八日市文芸会館にて開催しました。藤田善久教育長の挨拶の後、朝桜中学校 1年 木田美映ミシェルさんが、第37回全国中学生人権作文コンテストにて文部科学大臣賞を得た作品『地球人でええやんか』を披露しました。研究報告1では学力向上プロジェクトチームメンバーと教育研究所 平井茂太指導主事が「東近江市三方よし 授業改善ベーシックプラン」をべースにしながら、評価規準、予習、学級経営を3本柱に、主体的で対話的な学び、授業改善のあり方を追究した取り組みを報告しました。研究報告2では野村志穂子研究員と研究協力校 湖東中学校 小笹由花教諭が『授業改善ベーシックプラン「めじとま」と電子黒板を活用した文法の授業』について報告しました。教育講演会では『言葉ひとつでこう変わる~話す・伝える・聞く力~』と題しフリーアナウンサー 羽川英樹氏の話がありました。

14:56
12345

所在地

東近江市教育研究所
〒527-0113
滋賀県東近江市池庄町505
TEL/FAX 0749-45-3738
 

天気予報