この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
 

オンライン状況

オンラインユーザー2人
ログインユーザー1人
登録ユーザー8人

カウンタ

COUNTER179322

携帯サイト

このホームページは、携帯電話でも
アクセスすることができます。携帯
電話のバーコードリーダーで読みと
るか、直接、アドレスを打ちこんでく
ださい。http://www2.higashiomi.
ed.jp/kenkyu/
 
研究所より
12345
2018/09/18

学力向上推進事業 授業改善推進委員会 国語科部会事前授業研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 9月11日(火)玉緒小学校にて、学力向上推進事業 授業改善推進委員会 国語科部会事前授業研究会を開催しました。はじめに玉緒小学校 中西 実穂 教諭の1年生国語「かいがら」の授業を参観しました。教室内には単元を見通した計画が明示され、本時は「文章から、くまのこの表情をくわしく想像しよう」をめあてにしながら、「め・じ・と・ま」を意識した授業を展開されました。授業後の研究協議会では、本市の学力向上の3つの柱の中の、「授業に生かす家庭学習の充実(予習課題)」と「型から質への授業改善(表情を考える動作化や音読などの手立て)」を中心に、KJ法で協議を行いました。最後に、滋賀県総合教育センター 研修指導主事 川田 一郎 氏より指導助言をいただきました。川田 氏からは、新学習指導要領の各指導事項が子どもたちにつけたい力であり、その資質・能力を高めるためには、言語活動を単元を通して位置づけることが大切であるとご指導いただきました。また質の高い言語活動を実現するために、単元のゴールで、つけたい力と指導事項を明確にし、各時間の配列や指導を工夫する等、実際に県内の取組を紹介しながら、わかりやすくご指導いただきました。
09:00
2018/09/10

幼小連携推進研修

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 9月3日(月)、愛東コミュニティセンターにて、幼小連携推進研修を開催しました。「新指導・教育要領等がめざす学びと発達段階を踏まえた学び」をテーマに、福井大学大学院 教授 松木 健一 氏による講義・演習がありました。松木 氏は、日本の幼児教育について振り返り、やがて人工知能が人間の知能を超えると言われる2045年問題に触れながら、このような時代を生きる子どもたちのための教育改革についてご指導いただきました。キーワードとなる「資質・能力」は教えられるものではなく、幼児教育の遊びのプロセスの中で培われるものであることや、培われた「資質・能力」を言語化することが大切であること、また子どもの発達段階と認識の発達についても分かりやすくご指導いただきました。受講者からは、「幼児教育の遊びのプロセスの中で、子どもが主体的・対話的で深い学びをしていることがわかった。子どもの成長、伸びたところを小学校へしっかりと伝えていきたい」といった感想がありました。
09:33
2018/08/29

第6回スキルアップ講座

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 8月24日(金)午前、みすまの館にて、第6回スキルアップ講座を開催しました。「子どもの力を引き出し伸ばす授業技術(秋田・福井の取組より)」をテーマに、滋賀県総合教育センター 研修指導主事 中島 真奈美 氏 吉田 典子 氏による講義・演習がありました。「学力を高めるための取組」については、教員の授業改善に対する意識のベクトルを合わせること、家庭学習の習慣化、ユニバーサル教育の重視、板書の構造化、学習環境を整えること等についてご指導いただきました。また、「探究型の授業」では、子どもの必要感ある学習課題を子どもと共に設定すること、誰もが学習の見通しをもてること、自力解決や学び合い活動で考えを深め、繋げること、終末での学習課題に対する結論やふり返りの方法など、授業の質を高めるためのポイントをご教示いただきました。受講者からは「秋田では課題をしっかりと意識し、それを解決することを共通して実践している。できることから取り入れていきたい」といった感想が寄せられました。
11:12
2018/08/29

第6回授業力アップ講座

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 8月22日(水)午後、五個荘コミュニティセンターにて、第6回授業力アップ講座を開催しました。「新学習指導要領を見据えた小学校外国語の授業づくりのあり方~”We Can!” “Let’s Try!”を活用して~」をテーマに、愛知教育大学大学院教育実践研究科 教授 高橋 美由紀 氏による講義・演習がありました。はじめに新学習指導要領の学校段階別一覧表を見ながら、小学校3、4年外国語活動と小学校5、6年および中学校外国語の目標についてポイントをご指導いただきました。次に新教材を活用した活動例の紹介があり、デジタル教材などを視聴しながら、どのように指導するとよいか、受講者自身が楽しく体験しながら学びました。またカタカナ英語にならないためにリズムやイントネーション、強勢(アクセント)が大切だということ、各学年のスモールトークのポイント等、活動を通して授業に役立つたくさんのアイデアを教えていただきました。受講者からは「新教材を使っての講義でとてもわかりやすく、2学期からの授業ですぐ活用したい」などの感想が寄せられました。
11:09
2018/08/29

第1回社会科郷土資料集活用委員会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 8月22日(水)午前、五個荘コミュニティセンターにて、社会科事前研究会を行いました。はじめに、能登川南小学校 社会科主任 世話係 上田 俊英 教諭より、新学習指導要領を見据え、今年度の滋賀県の研究テーマ「社会科で学んだことで、新たな自分に迫り見つめ直す」についてご指導いただきました。その後、2学期に行う研究授業に向け、6年生と3年生の2つの指導案検討会を持ちました。授業の中で、具体的な指示の出し方や、「私たちの東近江市」を活用して、子どもたちが自ら進んで自分たちの住む地域について調べるまでの授業展開など、熱心に議論がなされました。授業研究会は9月末~10月上旬に市内小学校にて開催される予定です。
11:06
12345

所在地

東近江市教育研究所
〒527-8527
滋賀県東近江市八日市緑町10番5号
TEL 0748-24-5570
FAX 0748-24-5571