この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
 

オンライン状況

オンラインユーザー1人
ログインユーザー0人
登録ユーザー8人

カウンタ

COUNTER238626

携帯サイト

このホームページは、携帯電話でも
アクセスすることができます。携帯
電話のバーコードリーダーで読みと
るか、直接、アドレスを打ちこんでく
ださい。http://www2.higashiomi.
ed.jp/kenkyu/
 

所長あいさつ

                     
 自彊(じきょう)不息(やまず)

 「彊」(きょう)は「努める」の意です。
古代中国の占いの書「易書」には、「易曰、天行健。君子以自彊不息」とあります。読み下しは、「易に曰く、天行健なり。君子はもって自ら彊(つとめ)て息(や)まず」です。大意は「易経の言葉。天地の運行が健やかであるように、君子も自ら努め励み、怠ることがない」というものであり「自彊不息」とは、「常に努力をして勉強を怠らない」という意味です。
 

 この言葉は、東近江市宮荘町出身で江戸後期の近江商人である高田善右衛門初代の座右の銘として知られています。善右衛門は昭和初期の修身の国定教科書で、「正直、倹約、努力の人」として紹介された人です。また、八日市高等学校の前身神崎商業学校の校庭には、大正5年5月に「自彊不息」の石碑が建立されています。五個荘出身の近江商人藤井彦四郎が当時の実業家渋沢栄一に揮毫(きごう)を依頼し石碑を造り、神崎商業学校に寄付されたものです。神崎商業の校地には現在、東近江市立五個荘中学校があり、五個荘中学校の前庭には今もこの石碑が立っています。さらに、八日市高等校には昭和63年、創立80周年の記念事業として、五個荘にある石碑を写した石碑 が建立されています。

 古の時代から大切にされた心を、子どもたちとともに私たちも受け継ぎたいものです。

                                         東近江市教育研究所長  國 領 順 子


 
 

所在地

東近江市教育研究所
〒527-8527
滋賀県東近江市八日市緑町10番5号
TEL 0748-24-5570
FAX 0748-24-1375