朝桜中学校HPへようこそ

 
                                                                                                         和顔愛語「笑顔」「思いやり」「授業」
                                
 
HP訪問者
516689人目です。
       ごゆっくりどうぞ
オンライン状況
オンラインユーザー1人
ログインユーザー0人
登録ユーザー15人
天気予報

お知らせ

    令和2年度 東近江市立朝桜中学校いじめ防止基本方針 東近江市立朝桜中学校

はじめに
 いじめは、いじめを受けた児童生徒の教育を受ける権利を著しく侵害し、その心身の 健全な成長および人格の形成に重大な影響を与えるのみならず、その生命または身体に重大な危険を生じさせるおそれがあるものである。こうしたいじめから一人でも多くの児童生徒を救うためには、教職員一人ひとりが、「いじめは絶対に許されない」、「いじめは卑怯な行為である」、「いじめはどの子ども にも、どの学校にも起こり得る」との意識を持ち、それぞれの役割と責任を自覚しなければならない。本校では、「いじめ防止委員会」を常設し、本校におけるいじめの防止等のための対策に関する基本的な方針として「学校いじめ防止基本方針」を策定し、市教育委員会と適切に連携のうえ、当該基本方針に基づき、いじめの問題に組織的に取り組む。


Ⅰ いじめに対する基本的な考え方

  いじめは、人として決して許されない行為である。しかし、どの生徒にも、どの学校 にも起こり得ることから、学校・家庭・地域が一体となって、未然
 防止・早期発見・早 期対応に取り組むことが重要である。
  いじめ問題の取組にあたっては、学校長のリーダーシップのもと、学校全体で組織的な取組を進める必要がある。とりわけ、「いじめを生まない土壌づ
 くり」に取り組む未 然防止の活動は、教育活動のあり方と密接に関わっており、すべての教職員が日々実践することが求められる。

 1 いじめとは
   「いじめ」とは、「当該児童生徒が、一定の人間関係にある者から、心理的・物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの」
  とする。なお、起こった場所は学校の内外を問わない。個々の生徒が「いじめ」にあたるか否かの判断は、表面的・形式的に行うことなくいじめられた児
  童生徒の立場に立って行うものとする。
                          〔文部科学省「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」における定義より〕

 2 いじめの基本認識
   いじめ問題に取り組むにあたっては、「いじめ問題」にはどのような特質があるかを十分に認識し、日々「未然防止」と「早期発見」に取り組むと
  ともに、いじめが認知された場合の「早期対応」に的確に取り組むことが必要である。
    (1)いじめはどの生徒にも、どの学校にも起こり得るものである。
  (2)いじめは人権侵害であり、人として決して許される行為ではない。
  (3)いじめはいじめられる側にも問題があるという見方は間違っている。
  (4)いじめは大人には気づきにくいところで行われることが多く、発見しにくい。
  (5)いじめは教職員の児童生徒観や指導のあり方が問われる問題である。
  (6)いじめは家庭教育のあり方に大きな関わりをもっている。
  (7)いじめはその行為の様態により、暴行、恐喝、強要等の刑罰法規に抵触する。
  (8)いじめは学校、家庭、地域社会などすべての関係者がそれぞれの役割を果たし、 一体となって取り組むべき問題である。