朝桜中学校HPへようこそ

 
                                                                                                         和顔愛語「笑顔」「思いやり」「授業」
                                
 
◆ 滋賀県東近江市のめざす子ども達の姿 ◆           
 
「三方よし」が実行できる子
「自分よし」 「相手よし」 「社会よし」 
    (自己実現・自尊感情)        (思いやり)                  (社会貢献)
 
 ※「三方よし」とは、東近江地域に古くから伝わる近江商人の経営理念であり、取引には、
     当事者の売り手と買い手だ けでなく、その取引が社会全体の幸福につながるものでなけれ
     ばならないと意味での、「売り手よし、買い手よし、世間よし」という考え方であり、その理念
     を教育にも取り入れた人づくりプラ ン です。 
 
◆ 朝桜中学校教育の力点 ◆
 
  ♡確かな学びのある学校
    *基礎基本の徹底を図り、学力向上のため、授業の創意工夫、授業改善の実践。
 
     ・「学ぶ楽しさ、わかる喜び」を基本とした授業の創造
     ・学習規律、学習習慣の定着
     
 
  ♡安心・安全な学校
    *生徒一人一人の心を大切にした学級・学校づくりの推進。
 
     ・道徳教育、人権教育の充実
     ・規範意識、危機管理意識の高揚
     ・不登校、特別に支援を要する生徒への支援体制の充実
     ・信頼と共感のある温かい人間関係づくり能力の育成
      
   ♡家庭や地域とともにある学校
     *地域、家庭、学校は一体となった「優しいけれど甘くない」「厳しいけれど冷たくない」         生徒指導の推進。
 
     ・保護者や地域への積極的な情報発信
     ・福祉活動等による地域への貢献
     ・中学校区の連携による成長支援
      
  
◆ めざす生徒像 ◆
  
      学校教育目標 「和顔愛語」
                               わげんあいご
   「笑顔」「思いやり」「授業」を大切にする朝桜中生
   (自分が好き) (友だちが好き) (学校が好き)
       和やかな笑顔と、優しい言葉がけで明るく爽やかな学校生活をめざす
 

◆ 教師の基本姿勢 ◆

    1)「教師力、人間力を高めるプロ教師」(自分が好き)
    2)「同僚生を発揮して組織として対応する教師」(仲間が好き)
    3)「生徒が好きでやりがいをもって希望をかたる教師」(職場が好き)
◆ 未来にたくましく生きる力を育てる特別支援教育 ◆
 
   昨今、特別支援学級のみならず、通常の学級に在籍する学習等で特別な支援を必要とする
  生徒について、その課題が複雑化、多様化してる中にあって、一人ひとりの発達や要求に根
  ざした教育課程の編成や進路保障など多くの課題があります。
 
  ・日常の教育相談の変化や支援に必要な視点について、教師間の連携に努め、全教職員が
   共通理解と認識を深めること。
  ・生徒一人ひとりの障がいの状況や発達課題、適性などを把握し、個に応じた教育課程の編
   成、個別の指導計画等の作成に努めること。
     ・地域社会や関係機関(特に発達支援センター)との連携を深め、当該生徒の適性に応じた
   進路指導に努めること。
 
   これらの営みを通して、生徒一人ひとりが、5年後、10年後に、たくましく生きぬく力を育てる
   教育の実践をめざしています。
  
■ 校内研究主題 ■
和顔愛語:確かな学びのある学校づくり
~「学ぶ楽しさ・わかる喜び」を基本とした授業の創造~